忍者ブログ
きっちり言わせてもらおう!面倒臭がりであると!!
Posted by - 2017.11.18,Sat
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by 9番馬の浮遊霊まじん - 2014.02.27,Thu
風呂に入っていて

子供達を洗って出して、最後に一人湯船に浸かっていると

つい息を止めて潜りたくなっちゃう


背後から手が伸びてきて

「ガボガボガボ~」っていう

ホラー映画を思い出すとちょっと怖くなるけれど・・・



そして潜ったら、少しずつ息を吐く


ポコポコ?コロコロン?コルガルコリン?

形容し難い泡が伝っていく音が

たまらなく好き


小学生の頃

水泳の練習をしていた時から気がついていた

大好きな音


色々と思うことがあるけれど

好きな音なのだから

時々こっそり聞いている


理由なんて分からないですけどね


好きといえば

大きな鐘の音も好き

Enyaの「Book Of Days」の9秒目くらいのところの

鐘の音が好き~♪




皆さんも好きな音ってありますか・・・?
PR
Posted by 9番馬の浮遊霊まじん - 2013.04.23,Tue
先日、何を書いていたのかすっかり忘れている年寄りです


忘れるってことは、まぁ大したコトじゃないんだろうと





でもなぁ・・・


なんだったんだろうね


って考えるのも勿体ないので



寝ますオヤフミナサイ
Posted by 9番馬の浮遊霊まじん - 2013.03.11,Mon
もう、2年経ちますね


自分の中の何が変わったのか

世界がどう変わったのか


どうやら


本当の意味での当事者でない私には


到底到達できない

到底知りえない

ことらしい




自身が被災した方々

家族親族一族が被災した方々

その皆さんの体験を聞き

当時の映像を観て

今なお涙が止まらなくなるけれど



返す言葉がみつからない



何も言えなくなった



ただ聞くだけしかできない





自分の語彙が足りないからなのか

或いは心が足りないからなのか


返せない



もどかしいけれど

黙るしかない



言葉は意思を伝える手段なのだから

言わなければ、書かなければ

思えば思うほど

何も・・・




ごめんね
Posted by 9番馬の浮遊霊まじん - 2012.02.28,Tue
「あの道、どこへ続いているんだろうね?」
「ああ、さっきから車、結構通るよね・・・」


仕事柄、ほぼ毎日違う場所へ仕事へ行く

そんな時に、ふと交わされる会話

勿論、それは、その場限りで

そのまま・・・




どうしてもその日中に届けなくてはいけない
書類があって、夜半に車を出した

隣町の取引先まで車で片道20分

家族と乗るときはTVやDVDばかり

久しぶりの独り乗りだったので

SDカードの「おとうちゃん」フォルダを

再生


お気に入りの音楽を聴きながら

考え事をしながら

運転


何事も無く

普段通りの街並み

そして静まり返った取引先の

郵便受けに書類を

投函



今日も終わったな、と

気が抜ける

そしてふと流れてくる、懐かしい歌

学生時代によく聞いていた

その歌が


忘れていた感覚を

ザァーっと呼び戻す




遠くへ




自分の知らない

見たことのない

行ったことのない

遠くの土地へ


通ったことのない

道を


行こう


旅立とう


夜を徹して

明日の事など考えずに

行こう






チッチッチ


そのまま行ければ映画なんだろうけど

残念ながら

そうはいかぬ


仕事も家族も待っている

交差点は右折

間違っても直進しない


さぁ、帰ろう帰ろう




でも、本当に忘れていた

この感覚




火種だけは

ちょっと大事に

持っていようっと
Posted by 9番馬の浮遊霊まじん - 2011.04.29,Fri

学生時代によく友人と「愛」を語った

「愛」ってなんだろうって
幾晩も車を走らせながら
その友人と話しあった

まだ20歳
若い小僧が行き着いた結論は
「想うこと」

どれだけ相手のことを
長く想えるか
深く想えるか


サークルでは確か94年の学園祭
ちょうちょ遊撃隊が「合言葉は、愛~(ダミゴエ)」
というフレーズを創り上げた

勿論軽い意味での愛ではあるが
同性に対する愛情として
仲間というか連帯感を生み出すのに
一役買った言葉になった




昨日四十九日法要を終えた友人は
それこそ異性同性問わず愛された


いま

それぞれがそれぞれの立場で彼を愛し
そして愛ゆえに薄れゆくことを悲しみ
愛するがために薄めようと努力している

それぞれに生活があり
それぞれに家庭があり
そして未だに避難中であったり
実家が被災していたり
被災地及び周辺で
必死に活動していたり
未だに御両親が見つからない
いろいろな仲間がいる

みんな抱えるものは違うのだから
私はみんなを慰めるとか励ますとか
そんな高度なことはできなくて
一緒に笑ったり、騒いだり
泣いたりすることしか
できそうにない
会うことが叶わなければ
メールや掲示板、ツイッター
方法なんかに拘らない

それが今、私ができる
精一杯の愛

彼本人に対しては
秘密やら約束やら
反故にされたものが多いので
私自身ふてくされているし
「別にいいっすよ、想ってくれなくても」
って笑っているんだか拗ねているんだか
わからない顔が想い浮かぶので
とりあえず意識せずに過ごそうと思う

遺体の発見や本葬を週末に持ってきて
私達が会いに行きやすい環境を作るという
最後の最後まで気を利かせた彼だから
こっちが想いすぎてボロボロになる様なんて
見たくないはずだ

だから
もう気を利かせなくてもいいんだよって
「淋しいじゃないスかぁ~」って拗ねるくらいの
そんなスタンスでいくことが

私なりの「愛~(ダミゴエ)」ってことで


まぁ時々は想うようにしとくから
枕元には立たんでちょうだいな

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
9番馬の浮遊霊まじん
性別:
男性
趣味:
早起き ふらふらさまよう 鉄
フリーエリア
最新コメント
[07/06 いけ、ヒヤチュウ。]
[03/30 浮遊霊]
[03/30 浮遊霊]
[10/03 ネコ大好きフリスキー]
[08/29 ネコ大好きフリスキー]
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]