忍者ブログ
面倒臭がりはブログなんてやっちゃいけないと思うんですよ(自爆
Posted by まじん - 2017.05.15,Mon

 つい先日PCの電源が入らなくなってしまい、しょげています(´・ω・`)


PC9801のお話しですけどね




この像を見ただけでピンと来た方は、なかなかの文学通


そうです 安寿と厨子王さんです


なんでまた「いわき」なの?と思われた方もいらっしゃるかもですが
安寿&厨子王の一族は陸奥国岩城の判官ということらしく
ゆかりの土地・建物がこの植田と泉の間に沢山あると・・・

  
いうことなのですが、そもそも「安寿と厨子王」は説話なんですよね・・・
森鴎外が「山椒大夫」で小説化していますが、まぁ、そういうことです^^;


個人的にはこういったモノは大好物ですので全く気にしませんが
(史家の方々は眉をひそめるかもですがね)
もう少しアピールしちゃってもいいんじゃないかと思うんです
キャラ作ったりなんだりして

ほら、大河「ドラマ」でもあっちこっちで町起こししてるんですから^^





さて、場所を変えて小川郷の方にやってきました
その場所は「草野心平記念文学館」


忍たま乱太郎展をやっていましたので、ちょろっと観に来ました


記念館入口には例の3人がお出迎え


基本的に館内撮影禁止ですので写真はありません
内容的には少々物足りないかな~といったところですが
顔を撮影して、その人ぴったりのキャラをじゃじゃーんと出してくれる
ブースは子供達に大人気でした
(ちなみに山田先生でした (´・ω・`) )

本来の草野心平に関する展示は流石に充実
子供の頃はなんとも思わなかった詩歌が大人になると、ほほーんって思えるのが不思議です

正直来館客はそんなに多くはありませんので、静かにのんびり観ることができます
文学好きの方にはお勧めですね


この記念館には小さいですが喫茶?レストラン?もあり、半地下の建物の
屋上からは小川郷が一望できます




でもって記念館からほんの少し山を登ると小玉ダムに着きます
気になるのはあの奥の絵・・・


「トンネルから現れた熊じゃね?」と推測していましたが「鬼」でした
あー、鬼ヶ城の鬼か・・・
しかしこの鬼ヶ城の鬼、フットワークいいですね
あっちこっちで見掛けます^^;


結構な貯水量ですね
夏にはダム探検ツアーみたいのもやっているみたいですが、1月では無理・・・

 
ダムカードは平日のみ対応してくれます(今日は休日・・・)


ヒエーっていう高さです。高所恐怖症の方は覗き込まない方が賢明です


私がまだいわきに住んでいた頃は建設中だったダムですが、既に完成から
20年経っているんですね


年食うワケだわぁ・・・


PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
まじん
性別:
男性
趣味:
早起き ふらふらさまよう 鉄
フリーエリア
最新コメント
[01/04 たかP]
[07/06 いけ、ヒヤチュウ。]
[03/30 浮遊霊]
[03/30 浮遊霊]
[10/03 ネコ大好きフリスキー]
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]